他を差別化できるビジネススキル

他を差別化できるビジネススキル近年のIT業界では人材が慢性的に足りない状況で、フリーエンジニアとして活躍する場は大いにあると言って良いでしょう。Webエンジニアとしての独立を考えているなら、身に付けておいた方が良いスキルがあります。エンジニアに必要なスキルと言えばプログラミングですが、依頼主から信頼され評価されるためにはもっと大切なスキルがあります。では、具体的に見ていきましょう。

プログラミングより大切な「ビジネススキル」

高度なプログラミング技術を持っていれば、面接でも有利になり、仕事もスムーズに進むことは確かです。ですがフリーエンジニアの場合、今現在は足りない人員の補充であることが多く、自分が関わる部分についてのスキルがきちんとあれば充分です。実は仕事を進める上でより重要なのは、ビジネススキルなのです。
まず第1には、コミュニケーション能力です。開発現場において効率良く仕事するには、チームワークが欠かせない要素となります。バグの発生などにすぐに気づき円滑に処理するためにも、仲間と情報をきちんと共有することが大切です。依頼主から責任の重い案件を任せてもらうには、仲間同士の連携を高める意識を常に持ちましょう。
次に、自己認識能力です。自分の強みを客観的に把握していれば依頼主へ効果的なアピールができ、収入へ結びつけることができます。自分で分からない場合は、エージェントに相談する方法もあります。また、上流工程をこなせるスキルがあればエンジニアとしての価値が上がります。市場でのニーズをいち早く理解し、それに合わせて対応していくマーケット感覚も必要です。新しい経験や知識を積んでいくことが、安定した仕事の受注に繋がります。
続いて、一定の品質を保つ能力も重要です。バグなどのトラブルに柔軟に対応し、質の高いものを作り上げるスキルです。これらのビジネススキルを身に付けることは、どのような仕事をする上でも必須となります。

高収入を目指すなら「近い分野のスキル」

さらに高単価の依頼を狙うなら、違った領域のスキルを身に付けることです。自分の専門と近い領域のスキルを持つことが、仕事の幅を広げるポイントになります。Webデザイナーであれば、デザインだけでなくコーディングの技術を身に付けるといった具合です。両方の技術を持っていれば重宝がられて、デザインのみの単価の低い仕事を大量にやらなければ稼げないといった状態から抜け出せます。
Webエンジニアの場合も同様で、関連する分野のスキルを持つことが低単価の仕事から解放されるカギなのです。そうした上で、専門分野を深く掘り下げていけば、自分の市場価値を大幅に上げる事ができます。浅く広い知識も有効ではありますが、明確な自分の売りを持つことが大きな武器になるのです。

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る