選べる働き方

選べる働き方企業で経験を積んでから独立するエンジニアがその後どのような働き方をしているのかということは、今後独立を考えている人にとっては気になる部分かもしれません。ここでは主に3つの働き方の形をご紹介していきます。

自分でサービスを開発する

独立したエンジニアが最も収益をあげることができるのが、独自のサービスを開発するということです。魅力あるサービスを開発することができれば、あとはほとんど自動的に収入が入ってくるので多くのエンジニアの夢とも言えるでしょう。需要のありそうな分野で活用できそうなサービスを開発すれば、企業はそのサービスを開発するだけの人的コストを大幅に削減できることになるので、高額な対価を支払ってでもサービスを買い取る価値は十分にあります。
ただし、せっかく良いサービスを開発しても、それを買い取ってくれそうな企業に存在を知ってもらわなければなりませんから、営業をして売り込んでいかなければならない手間がかかります。また、高く売れるサービスは簡単にできるものではないので、全体的に成功する確率はどうしても低くなってしまうでしょう。本気で独自サービスを開発するとなると、準備期間がかなりかかるということを念頭におきましょう。

企業に常駐する

独立したエンジニアを募集している企業は多く、他の社員と同様に企業へ出勤するという形で仕事をする常駐型の働き方があります。常駐型は収入が安定しやすいということもあり、多くのエンジニアが選んでいる働き方でもあります。あくまでも独立しているという立場なので、会社員と同じ仕事をしていても支払われる報酬は会社員よりもはるかに多くなるのが魅力です。この場合、自由に働く場所を選ぶことはできないですが、安定的に高報酬を得て働く時間をきっちり区切れますし、エンジニアとして企業で様々な経験を積むことができるというのも魅力的です。

自宅で仕事をする

独立することのメリットのひとつには、働く場所や時間を自由に決めることができるということです。自宅を仕事場にすれば通勤にかかる時間を節約することができますし、自分の都合に合わせて仕事を調整しやすくもなります。インターネットで探せば仕事は見つかるので、請負った案件を自宅で作業して納品するという方法が可能になります。案件も豊富にあるので高報酬なものを選ぶこともできます。先に述べた常駐型のように、ひとつの企業と契約をしておいて仕事は自宅で行うというリモートワークもありますが、日本ではまだそれほど浸透している働き方とは言えません。ただ、この先IT系の人材は需要が増してくることが予想されるため、働き方の選択肢は多様化していくことになるでしょう。

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る