自分のペースで取り組める

自分のペースで取り組めるどんな仕事をしていても、ストレスが全くない人はまずいません。しかし、会社員として働くことへのストレスを感じている人にとって、フリーランスの仕事は自由で楽しいものに映るかもしれません。フリーランスになれば会社員にはないそれなりの苦労があるのはもちろんですが、気持ちの上で楽な部分があるのも確かです。

仕事上の人間関係のあり方

独立したとは言っても仕事は1人でできるものではないので、どこかで必ず人間関係というものが生じます。しかし、会社員のように同僚や上司という存在がいないので、そのような人間関係で悩んだり苦しんだりするというストレスはありません。どのような相手と取引をするかも自分で決める自由があるので、気が進まない相手であれば無理にかかわる必要もありません。あまり好みで相手を選んでいては仕事にならない場合もありますが、少なくとも完全に自分の意思に反するということはなくなるでしょう。

マイペースに仕事ができる

フリーランスの良いところは、やはり自分に合ったペースで仕事ができるということかもしれません。会社員になると有給休暇はあってないようなものという企業も少なくないので、自由に休みを取ることはほとんど無理という人も大勢います。それに比べるとフリーランスは仕事のスケジュールを自分で調整しやすいので、できる時に仕事をして休みたいタイミングで休むということがしやすくなります。もちろん取引先から請け負った仕事の関係などもあるので忙しく働く時もあるかもしれませんが、長い人生の中で時間の使い方がより多様なものとなるというのは大きな魅力とも言えるでしょう。

どれだけ稼げるかも自分次第

時間や場所にとらわれずマイペースに仕事ができるということは、収入が自動的に一定水準を保つわけではないということにもなります。フリーランスの場合、仕事をしたらしただけの収入を得られますが、仕事をしなければ当然その分の収入が入らなくなります。フリーランスは自分で仕事を探さなければならないので、会社へ行けば何らかの仕事がある会社員とはまた別のストレスがあるのも事実です。フリーランスのメリットである自由を存分に味わいながら、自分一人の力で効率良く仕事をしていくのはまず不可能です。そのため、お互いに信頼できる仕事上のパートナーや取引先との出会いを大切にして、上手に事業を展開していくようにすることが自分のペースを守りながら快適に仕事を続けていくポイントになります。

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る