筆者がおすすめする理由

筆者がおすすめする理由IT業界ではWebエンジニアに限らずあらゆる職種のフリーランスが多数活躍しています。筆者自身もそのひとりですが、会社勤めをしているWebエンジニアの方から「独立しようか迷っている」という相談を受ける機会が増えました。会社員という安定を捨てる重みはよく理解できますが、あえて「迷うぐらいなら独立してしまった方がいい」とアドバイスします。なぜなら、あらゆる環境が好条件な現状では、独立前に悩むよりも独立してから試行錯誤した方が生産性が高まることを知っているからです。

筆者がおすすめする理由

取り巻く環境の変化

取り巻く環境の変化

フリーランスとして働く人は増えているといわれていますが、これは統計にも表れています。理由は環境の変化によるものですが、インターネットの発達がWebエンジニアがフリーランスになるメリットを大きくしてくれています。記事の詳細を見る

急速に高まる需要

急速に高まる需要

エンジニアは現在の市場傾向として需要に供給が追い付いていない状態ですが、Webエンジニアも同様で、フリーランスとなるには絶好のタイミングです。仕事に使ったお金は経費として計上することが可能です。記事の詳細を見る

選べる働き方

選べる働き方

独立したWebエンジニアは、働き方を自分の好きなように選ぶ自由があるのが魅力です。自宅や外出先など、仕事をする場所も自分で自由に変えられる在宅型の働き方や、企業に常駐して業務を行うという働き方もあります。記事の詳細を見る

自分のペースで取り組める

自分のペースで取り組める

毎日毎日決まった時間に出勤し、長時間の残業をしながらも休日もなかなか思うようにとれない会社員から見れば、フリーランスは何かと自由でストレスも少なそうなイメージを持たれています。実際はどうなのでしょうか。記事の詳細を見る

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る