経費の証拠となる領収書

経費の証拠となる領収書独立すると事業運営のためにいろいろな経費がかかりますが、それらの金額を売上から差し引いた額が利益ということになります。税金は経費を差し引いた利益に応じて金額が違うため、領収書をしっかりと保管していかに経費を調整するかが効果的な節税のコツでもあります。

領収書はきっちりと保管する習慣を

独立する前ならいらないものでしかなかった領収書も、事業主にとっては残しておけばそれだけ手元に残るお金が多くなる大切なものになります。普段から領収書を取っておくという習慣のない人にとっては少々面倒な作業にも思えるかもしれませんが、これもひとつの慣れなので、まずは領収書を保管するという習慣を心がけるようにしましょう。保管の方法は特に決まりがなく、仮に税務調査が入って提示を求められた際に出せればいいので日付順など細かい仕分けをする必要はありませんから月毎に分けておけば大丈夫です。ファイルや封筒などの入れものを上手に活用すればわかりやすくコンパクトに保管することができるので、自分なりの保管方法を確立しておくようにしましょう。確定申告は白色と青色がありますが、白色なら5年、青色なら7年間領収証を保管しておく必要がありますので、古いものだからとうっかり捨ててしまわないよう、年度別にわかりやすくしておくと良いでしょう。

領収書は証明書

個人事業主として独立したら、領収書の保管がとても重要なポイントになることは理解できたと思います。そもそも領収書とは事業を運営するにあたってお金がどのように使われているかをはっきりとさせるための証拠となるものです。領収書には決まった書式があるというわけではありませんのでどのようなものでもかまいませんが、領収書を発行した日付、発行元、発行先、内訳が記載されていることが基本になります。領収書は様々な種類が市販されていて複写できるタイプのものもありますので、自分が領収書を発行する場合はなるべく複写タイプにしておくと安心です。領収書に記載される名称は正式名称を記載してもらうようにし、発行の際もその点に留意しましょう。
また金額が高額になると収入印紙を張る必要があります。領収書は証明書代わりになるので、内容が漠然としていると経費として認められない場合もありますから、内訳なども可能な限り詳細に書かれていることがベストです。領収書はきちんとしておかないと発行する側もされる側も後で思わぬトラブルが起きかねませんから、基本をしっかりと理解して正確な内容になるよう心がけましょう。そして、保管すべき領収書を紛失してしまったりしないよう、置き場所を決めておくなど個々に工夫してみてください。

発行することも考えて!

独立後は領収書を「もらう」ことばかり考えがちですが、「発行する」立場でもあることを忘れてはなりません。クライアントから「領収書の発行をお願いします」と言われた時に慌てないよう、きちんと準備をしておきましょう。手書き用の領収書を用意しても良いですし、無料のWebサービスを使って作成することもできます。PDFなどで提出をする際は、便利ですので参考にしてください。
Misocaは項目に必要事項を入力するだけですぐに領収書を発行できます。

フリーエンジニアの領収書サイトの「Misoca」
フリーエンジニアの領収書サイトの「Misoca」

イーレシートもPDFで簡単に領収書を発行・管理ができて便利です。

フリーエンジニアの領収書サイトの「イーレシート」
フリーエンジニアの領収書サイトの「イーレシート」

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る