お互いが納得する単価設定を

お互いが納得する単価設定をWebエンジニアとして独立すると、まず仕事の単価設定をする必要があります。そして、取引をするクライアントとの交渉で案件に対しての単価を決定することになりますが、あまり安く単価設定してしまうとせっかく独立して働けるようになったのに、会社員の時とあまり変わらない収入かそれ以下になってしまう可能性もあるのでよく考えて単価を設定していきましょう。

案件に対して時間がどのぐらいかかるか

どんなに高単価の案件でも、完成までに時間がかかってしまい時給にするとかなり安くなってしまうということがあります。そうすると、まとめてもらえる金額は多くても時間ばかりかかってしまって結局はあまりお得ではない場合もあります。そのため、時間に対して価格を設定しておけば、後は請負う案件にかかりそうな時間に掛けて計算すれば単価は簡単に決まります。

マーケティングは戦略的に

独立したら自分をしっかりと売り込んでいかなければ仕事は得られません。どんなに良い商品でも宣伝しないと全くと言っていいほど売れないのと同じで、いくらスキルに自信があってもマーケティングが弱ければ仕事にはつながらないのです。自分自身を商品に見立てて考えてみるとわかりますが、安くてお得すぎる人材になってしまうと、その後適正価格に戻した時にお得感が失われてしまい高単価の仕事を得にくくなってしまうため、あまり自分の単価を安く設定し過ぎてしまうと行き詰まってしまうかもしれません。クライアントにしてみればできるだけ人材コストは抑えたいところですから、設定単価よりも安い方向で交渉してくる場合も十分に考えられます。
そのため、自分の価格設定はある程度前後する可能性があることもしっかりと踏まえておきましょう。安い仕事ばかり受けていると安い仕事しか来なくなってしまいますから、なるべく高い仕事に挑戦してより良い案件にシフトしていくという決断も重要ですし、一定価格以下には下げないという毅然とした態度も時には必要です。経験を積めばスキルも上がっていきますから、いつまでも同じ単価ではなく自分の能力を客観的に評価して、相応しい単価になるように時折見直すことも大切です。
独立したエンジニアの多くはエージェントを介して案件を獲得していますが、良いエージェントかそうでないかで得られる報酬額が大きく異なる場合があるのは見逃せない事実です。エージェントの数は今やかなりの数がある分、見極めは慎重に行いたいものです。そこで、安心して利用できるおすすめのエージェントを2社ご紹介します。

レバテックフリーランス

フリーランスのIT職向けのエージェントとしておすすめなのが、業界でも大手のレバテックフリーランスです。保有している案件数の多さはもちろんのこと、案件ごとの単価も高いものが多く、専門のコーディネーターが案件探しから条件交渉などフルサポートしてくれます。無料で登録できるので、独立したらまずは登録して様々な相談をしてみるという使い方も可能です。

フリーエンジニアの求人サイトの「レバテックフリーランス」
フリーエンジニアの求人サイトの「レバテックフリーランス」

ワークライフエンジニア

IT求人専門サイトのワークライフエンジニアは、ITエンジニアの就業を様々な角度からサポートしてくれるエージェントです。正社員や契約社員の求人だけでなくフリーエンジニア向けの案件も豊富に保有していて、クライアントとの契約にも同行し、仕事を始めてからも相談することができるので、独立した立場で働いていても安心です。

フリーエンジニアの求人サイトの「ワークライフエンジニア」
フリーエンジニアの求人サイトの「ワークライフエンジニア」

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る