国民年金基金で老後の支えを

国民年金基金で老後の支えを若いうちは老後の生活について具体的に考えにくいかもしれませんが誰にでも老後は訪れます。独立してからもその時に備えて年金はしっかりと支払っておきたいものです。

フリーランスなら国民年金に加入

会社員なら厚生年金に加入していますが、フリーランスの場合は国民年金に加入する必要があります。年金を満額きちんと支払ったとしても65歳から毎月受け取れる年金は64,000円程度です。よほどの蓄えがあるならば別ですが、そうでない人が月額64,000円で生活するというのはかなり厳しいものがあるのは容易に想像できることでしょう。住んでいる場所が持ち家で既に支払いが完了していたとしても、家を維持するための費用はかかりますし、固定資産税もあります。また、賃貸であれば毎月の家賃が発生するので年金収入だけだと家賃分にすらならないという可能性もあります。年金を満額支払ってもこの額であるという事実はよく理解しておかなければなりません。

老後にお金はいくら必要か

老後に必要な資金はその人の生活レベルによっていろいろありますが、年金受給前の生活レベルを変えずに暮らしていくためには、年金収入だけで全てを賄うことができないという人がほとんどかもしれません。夫婦で国民年金を受け取る場合月約13万円近くの金額になりますが、家賃に食費、光熱費、医療費や娯楽費、その他雑費などを13万円に満たない額でやりくりするのは至難の業です。そのため足りない分は現役時代に貯蓄しておかなければなりません。もしもフリーランス時代に月数十万円で生活していたということになれば、蓄えがないと節約したとしても足りなくなり、どう生活を変えていけばいいかもわからないほどになってしまう恐れもあります。そう考えてみると現役時代に老後についてしっかりと考えておくことはとても大切であることがわかります。

加入者には国民年金基金がある

国民年金基金は、国民年金に加入した人しか加入することができない制度です。国民年金基金は、最大月68,000円を限度に年金受給年齢まで掛けられます。積み立てた資金には利息が付くので30年間続けていけばおよそ3,000万円の貯蓄ができるということになります。国民年金基金は社会保険料控除の対象にもなるので、利益が多く出ているフリーランスの方であれば毎月満額積立ができる上に税金対策もできるというメリットもあります。ただし国民年金基金は途中解約をして払い戻しを受けるのは不可能で、年金同様65歳にならなければ受け取ることができません。保険などのように資金に困ったら解約すればいいものではないということはしっかりと理解しておきましょう。国民年金基金は老後の助けになる制度ではありますが、生活を維持できる範囲での積み立てができるようよく計画をしておくことは大切です。

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る