健康管理も報酬に繋がる

健康管理も報酬に繋がる会社勤めの場合は、健康診断は毎年必ず受診することになっています。しかし独立すると本人の意思での受診となるため、何となく受けないまま一年が終わってしまったりもします。本当は、会社勤めの時よりも健康には気を付けるべきなのですが、忙しくて健康診断どころではないことも多いでしょう。フリーランスは仕事の出来がそのまま収入に反映されるので、自分の体調をしっかり管理することも大事な仕事だと言えます。ここでは、フリーエンジニアの健康管理についてご紹介していきます。

定期的な健康診断のすすめ

現在の自分の体の状態を数値ではっきりと示してくれるのが健康診断です。その結果を踏まえ、生活習慣を見直したり、持病がある場合は安定した状態を維持するように努めることで、フリーエンジニアとして長く働く基盤ができるのです。会社員なら黙っていても毎年健康診断が受けられ、深刻な病気に罹患するリスクや、病気になっても仕事を失ったり収入が減るリスクも少なくて済みます。さらに、会社での健康診断は勤務時間として扱われ、給料も支払われます。
フリーランスの場合は、わざわざ時間を割いて健康診断を受診してもその時間の報酬は発生しません。あまり良い事がない様に思ってしまいますが、フリーのエンジニアとして長くやっていくには徹底した健康管理は必須事項なのです。どんなに高い能力を持っていても、体を壊してしまえばそれまでです。会社員のような保障は受けられません。有能なフリーランスは、人並み以上に健康に気を配ります。理想は自分の体調を労う余裕のある、無理のない働き方をすることです。

健診や人間ドッグの受診料は自費で

健康診断や人間ドッグを受診する際の費用は、経費にはなりません。個人事業主自身の健康診断は自分の健康状態を把握するためのものなので、役所への報告も必要ありません。独立して間もないフリーランスにとっては痛手となる出費ですが、自分の健康を保つことは何にも代えられないものです。自治体で受診料の補助をしてくれる場合もあるので、そういった制度を利用するのもひとつの手です。また、経費にならないのは事業主の健康診断費用なので、常時雇用している従業員の受診料は経費になります。

医療費軽減には健康維持が一番

国が企業に対して従業員の健康診断を義務化しているのには、医療費を軽減するという大きな意義があります。発見が遅れ重症化してしまえば、簡単に治るはずの病気に多大な医療費がかかり、精神的負担も増してしまう結果になります。安定した収入が得られにくいフリーランスなら尚更、定期的な健康診断をきちんと受けることが大切なのです。健診で分かる内科の病気だけでなく歯科でも定期検診を受けるようにして、あらゆる体の不調を遠ざける努力をしましょう。そうすることが、フリーエンジニアとしての寿命を延ばすことにも繋がります。

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る