損をしないために気を付けること

損をしないために気を付けることWebエンジニアとして独立したものの損をしてしまうケースもあります。笑って済ませられる程度であれば良いですが、致命的なものとなるとそうはいきません。たとえば、絶対に避けたい損のひとつが「健康」に関わるものです。独立して必死になって仕事をしたのに結果的に体を壊してしまっては元も子もありません。収入は一気に途絶え、先の仕事も取れない上に療養費がかさみ踏んだり蹴ったりです。自由を手に入れる以上、万が一のことも含めた将来への備えもシビアに管理していきましょう。

損をしないために気を付けること

健康管理も報酬に繋がる

健康管理も報酬に繋がる

会社員ならば毎年の健康診断は必ず受診する決まりですが、フリーエンジニアとして個人事業主になった場合は面倒だったり忙しかったりして受診せずにすませがちなので、きちんと自分で申し込んで受診することが大切です。記事の詳細を見る

お互いが納得する単価設定を

お互いが納得する単価設定を

Webエンジニアの持つスキルや経験は人それぞれです。同じ仕事内容でも人によって作業にかかる時間や単価は異なります。独立するとなれば、自分の価値は自分でしっかりと見極めて単価設定をしなければなりません。記事の詳細を見る

経費の証拠となる領収書

経費の証拠となる領収書

エンジニアが独立して個人事業主となると、それまで不要なものだった領収書はとても大切なものになります。事業を行うにあたって認められる経費に関係する領収書があれば、売上からその分を差し引いて利益を確定することができます。記事の詳細を見る

国民年金基金で老後の支えを

国民年金基金で老後の支えを

年金は、老後に仕事をしなくなった時の唯一の収入源となります。年金がいくらもらえるかというのは現役時代に支払った年金の額によって決まりますから、その意識をしっかりと持ってきちんと年金を支払っていかなければなりません。記事の詳細を見る

独立計画を立てている方へ

経費の証拠となる領収書

節税対策にはかかせないアイテムが領収書です。最初の頃は面倒な作業と感じるかもしれませんが、収入を左右する話になってくるので領収書の保管方法や場所についてきちんと決めておくとその後がスムーズかもしれません。もっと見る

急速に高まる需要

独立するメリットとしては、求められるスキルを持っていれば収入は確実に上がりますし、会社勤めではないわけですから就業規則にも縛られることがなく時間の使い方は自由にできますし、副業を合間に挟むことも可能です。もっと見る

取り巻く環境の変化

個人が少ないコストで企業とさほど変わらない職場環境を構築することができるようになりました。また、インターネットで提供されるツールによって、会社では営業や総務が行っていたことを個人でもまかなえるようになったのです。もっと見る

おすすめの記事

国民年金基金で老後の支えを

Webエンジニアとして独立し、老後に蓄えがあまりない状況で年金収入のみとなると生活はかなり苦しいものになってしまう可能性があります。現役で働ける時にこそ、老後の生活についてきちんと考えておくことは大切です。もっと見る

真似から価値を生み出す

フリーランスのWebエンジニアとしての価値を高めるために有効なのが「真似ること」です。真似るとは、他からインスピレーションを受け自分自身のクリエイティブに積極的に取り入れていくという意味であり、パクることとは違います。もっと見る

他を差別化できるビジネススキル

フリーランスのWebエンジニアとして選ばれる人材になるために、身に付けるべき「ビジネススキル」について紹介します。全てはビジネスですから、ビジネススキルの有無とレベルの差は確実な差別化につながります。もっと見る